3月 10

五十肩と転職

PHM21_0896

私は五十肩になって約6年、最近ようやく治ってきたようです。
40歳前になるのが四十肩、50歳前になるのが五十肩だそうで、私の場合、40代から50代にかけてずっと患っているので六十肩と呼べば良いのでしょうか・・・。
四十肩、五十肩、いずれの症状も同じですので同じ病気です。老朽化した骨のカスが関節に入って動かしたとき、痛みが生じる病気です。
酷い時には動かした時、寝返りをうった時などに激痛が走りました。寝返りをうち、激痛で目が覚める事も度々でした。痛みは人それぞれ違いがあるようですが、私の場合はうずくまって悲鳴を上げるほどでした。
人から聞いた話では、不思議な事にこの五十肩なるものは両肩同時にはならないそうで、私の場合、最初に左肩が痛くなり、1年半ほどで治ったと思ったら間髪入れず利き腕の右肩が痛くなりました。両肩同時に痛くなったら車の運転も出来ないなど日常生活に支障をきたすことは間違いありません。人間の身体はよくできているな、と感じます。
最近ようやく右肩も動くようになりました。右肩に4年半かかりました。通常は1年位で治ると聞きますが両肩で6年、かなり重症だったみたいです。
薬剤師の知り合いも放置していたら大変なことになっていたと言っていましたのできちんと治療して良かったと思います。この薬剤師の友人は私と同年代なのですが最近転職したんだとか。こんな年齢でも転職できるんですね。薬剤師転職サイトのリクナビ薬剤師の評判が良かったのでそれで決めたそうです。まだまだ頑張らないといけませんね!

Category: 仕事 | 五十肩と転職 はコメントを受け付けていません。
3月 8

はっぴいえんどとニールヤング

PHM21_0765

はっぴいえんど、マイナスイオンと言いますか、怒りがさめますね。
このバンド、いつ聞いても良い音楽だと思うのですが、元はニールヤングとかそっちの方から来ているとか何かで読みました。
でも日本人の音楽だとつくづく思います。
ニールヤングといえば、孤独の旅路とかいう暗いCDがありましたね。
アフターザゴールドラッシュだとか、そんな名前のCDがあって、その中の曲が好きでした。入りがハーベストで全然良さが分かりませんでした。
その頃のフォーク世代は、大体ニールヤングの影響を受けているのですね。
ニールヤングは結構、良い音楽だと思います。パールジャムが影響を受けたのも何となく分かります。
哲学者っぽいような歌い方が良いとも思えますけど、人生って確かに孤独だよなあと思うのは自分だけでしょうか。
人間って一人だと思います。
常に誰かといないと、精神的にまいってしまうような人は、まだ世の中で大変な思いをしてないのかもしれませんね。

Category: 楽器 | はっぴいえんどとニールヤング はコメントを受け付けていません。
10月 22

あまちゃんも未だに理解してないですが

PHM21_0854

因みにあまちゃんが流行っていた時、僕は心労で入院していました。体は元気でしたし、病院ってする事ないんですよね。
なので、あまちゃんの昼の再放送を見ていて、ラスト、岩手に行って、何か色々な設定を見ていたと思います。
患者さんが看護師さんに、潮騒のメロディって知っているなんて話していたのを覚えていますけど、正直あまちゃんも分かりませんでしたね。

AKB設定の話だったので受けたのでしょうか。
僕は基本的に可愛い女の子を全面に出した話って好きじゃないんですよ。何か魅力を感じないんです。
あまちゃんは岩手復興には凄く役に立ったという事で、それは良かったのだと思いますけど、今だにあれもストーリー展開がよく分かりませんでした。
元ネタがしっかりしている話や、渋い役を演じられる俳優さん女優さんが出る話の方が、見ていて面白いと思いますね。

というわけで未だにマッサンは好きでした。
エリーさん役の人上手でしたね。玉鉄もそれなりの良かったですし、ある程度ストーリーの流れが理解出来たのが良かったです。
渋いけど、内容が理解出来て、言っている事も深い話というのは、僕は見ていてつまらないとは思わないですね。

Category: テレビ | あまちゃんも未だに理解してないですが はコメントを受け付けていません。
10月 21

NHKのまれは理解出来ませんでした

PHM21_0866

NHKのあまちゃんはそれなりに人気でしたね。自分あれは全く分かりませんでしたが、幅広い年代に好評だったようで、じぇじぇじぇとか流行りましたものね。
何気なく言っていたらおじさん気持ち悪いみたいに自分で思いましたけど。
で、今回のまれですね。
あれ、全く意味が分かりません。大雑把なストーリー展開としては石川県で何か夢もなんもないという設定の主人公がケーキ職人に目覚めてコンテストのため横浜にいったりなんかしている内に、輪島塗の職人の男に惚れてそのまま行ったかなんかして、ケーキ屋を開いて、はあという感じです。
ストーリー展開が、あまちゃんにもあったのですけど、全く理解出来ないのです。
関連性を感じないストーリー展開というものと、設定がいきなり変わるもの、例えばその輪島塗の男が、ちょっとチャラい感じに見えたり、何なのか、全く面白くない話でした。
さらに大泉洋はなんだったのか、何か起承転結が余りにも弱い話だと思っていましたね。

自分は本当にまれは理解出来なかったのですけど、テーマ曲は好きでした。ただ、内容とは合ってないとはいつも思っていましたけど。
というわけでまれは分からない自分です。

Category: テレビ | NHKのまれは理解出来ませんでした はコメントを受け付けていません。